インナーマッスル 鍛える 腰痛改善

インナーマッスル 鍛える 腰痛改善

添い乳の体制が辛くて

 

 

完全母乳で育児をしています。よって夜はもちろん添い乳、昼寝時、寝かしつけも全て添い乳です。やわらかいマットレスのベッドを使用しているせいか、添い乳して起き上がると腰が痛くなるようになりました。最初の頃は、起き上がって身体を動かしていれば腰痛は解消されてました。しかし3ヶ月目くらいからは、寝てる時もおきている時も常に腰がズレたように痛くなりました。一時期はダイエットで使用していたフラフープも腰痛が原因で出来なくなりました。今は、できる限り添い乳を減らし、マットレスを旦那の固いものと交換してもらい、少し改善されてきた感じです。また、添い乳も得意な向きばかり行っていたため、身体が歪んでしまったのも大きな原因の1つだと思っています。その他にも、やはり子どもを抱っこしながら洗濯を取り入れたりと、何かと反り腰になってしまう機会も多い。かつ、ゆっくりお風呂に入ってほぐす時間もない、ストレッチする時間もない。授乳中で薬も服用できない。

骨盤矯正

 

 

旦那の休日にあわせ、骨盤矯正に定期的に通っている最中です。しかし、骨盤矯正は施術後は確かに楽になりますが一時のものです。かつ、お金もかかってしまいます。今は骨盤矯正に月に2回ほど通い、施術後の身体をキープ出来るよう習ったインナーマッスルを鍛えるストレッチをしています。インナーマッスルを鍛えることで、筋肉を正しく使えて、骨盤も安定して正しい姿勢に近づけることで腰痛改善につながると教わりました。ストレッチは5分もかからず手軽です。仰向けで首の下にバスタオルを丸めたものをしき、脊椎が伸びやすくします。深く腹式呼吸をしながら、出来るだけゆっくり足の甲を回す、まげたり伸ばしたりする。これだけです。ゆっくりやればやるほど効果があるそうです。実際に子どもが寝た隙にやるようになり、腰痛が改善されてきました。首の下のタオルも大きなポイントになるのかなと思います。足の甲を動かしてるのに、自然と腰回りが和らぎ楽になるので続けています。

こんな記事も読まれています


ホーム RSS購読 サイトマップ